FPは保険のプロだと思う

FPとはファイナンシャル・プランナーの略称です。

 

最近なんだかよく聞くようになった単語であり仕事という感じがします。

 

なぜ最近よく聞くのか…それは多くの人が、将来的に子供の教育や自分の老後について漠然と経済的に不安を抱えているからではないでしょうか。

 

なぜなら、FPはその不安に思っている事柄について、個人的な情報を依頼者から得、そして将来的な教育や老後などについて経済計画のプランニングやアドバイスを行ってくれる職業だからです。

 

さらには、女性が自分自身や家族の将来を考え、FPの勉強の延長線上で資格取得に臨むというパターンもよく聞きます。

 

主婦にとっては、自分で勉強すれば相談する必要もなく、将来の家族がより幸せに生活できるために何が必要かを知る勉強なのだと思います。

 

私自身も自分と家族の将来を考え、勉強してみようかなと思う資格の一つです。

 

企業に勤務するタイプではなく、独立して仕事をするFPの仕事の一つである、将来的な資金計画をアドバイスする際には、刻々と変化する現在の経済状況、そして私たちの周りにあふれている保険などの金融商品についての深い理解と知識が必要になるのではないかと思います。

 

資金計画をアドバイスされる側は、正直、その方面にあまり詳しくない方も多くいらっしゃると思うのです。

 

そして、保険は医療保険から子供の学資保険。

 

さらには火災や地震など本当に多種多様で、バリエーションに富んでいます。

 

テレビのCMを観ればわかることで、少しの時間だけでいくつもの商品のCMを見ることができます。

 

そのような環境の中では、自分だけではどこまで網羅できているのか…私はかなり不安になります。

 

そして、私と同じように不安に思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

そのような方にも、わかりやすく、そして的確にアドバイスを行えるファイナンシャル・プランナーはやはり保険のプロだと思います。

 

もちろん、そのアドバイスがすべてではありませんが、人に計画等のアドバイスをしている以上は、高いプロ意識をもつプロでなければいけないのだと思います。