保険相談・FPにの最近の傾向

最近、自信の周囲でも保険に加入する方が非常に増えてきております。

 

私自身は某S社の生命保険に加入しておりますが、以前20代前半では珍しいと言われておりました。

 

最近、20代後半に入ってから以降よく保険加入について話が出ます。

 

既に加入済みの私にたまに相談が来るのですが私自身も保険レディーに勧められて加入したので内情はよく分かりません。

 

ただ言えることはただ単に加入するのではなく、慎重に加入しないければ、結果他社に保険相談・再加入ということも多いようです。

 

保険比較などのサイトを活用することで加入前に知識を蓄えておくことが非常に重要だと実感しております。

 

最近では、各地域に保険相談の窓口も増え、また比較サイトなども増えてきてどこが正しいのかは自己判断になりますが、保険相談や徹底比較を加入前・加入後に行うことは非常に有意義だと感じてます。

 

以前流行っていたFPということば。

 

興味のない人は分からないと思うのですが、FPとはファイナンシャルプランナーという外来語の略儀である。

 

横文字ばかりで分かり難いが、家族構成などから将来のライフデザインを設定する、いわば人生のコンサルティングをしている方々のことだ。

 

気にするまで知らなかったがFPに興味を持ち、就業している人が私の周りにも結構いた。

 

話を聞いてみると、求人倍率も結構高く簡単ではないとのことだった。

 

FPの中では、国家検定に合格しているプランナーをファイナンシャルプランナー技能士として称することができるようになる。

 

最近までは不慣れなコトバではあったが、最近では女性も非常に増えており、FPをより目にすることも増えている。

 

ある検索機能を用いると様々な情報が出てくるが、情報量からみてもFPに対する注目度は高いようだ。