FP(ファイナンシャル・プランナー)とは

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは、資産設計の専門家です。

 

依頼者の生活や家族状況、収入や家計の支出、ライフスタイルなどから分析をして、保険の設計や負債についてなどのアドバイスを行っていきます。

 

それ以外にも、長期的な視野に立った助言や援助をしていく役目があります。

 

依頼主が抱いている夢や希望を実現するための手助けをする立場でもありますし、不安や問題を解決していく心強い味方だと言ってもいいかもしれません。

 

そして、FP(ファイナンシャル・プランナー)は、依頼主の希望を実現するために必要なファイナンシャルプランニングを行っていくので、そのためにさまざまな分野に協力を求めることがあります。

 

弁護士や税理士、公認会計士、社会保険労務士などとも連携していきますし、銀行や証券会社の専門家とも連絡を取り合っていくこともあるのです。

 

そういったネットワークを活かすことで、より効果的なサポートができるようになるというわけです。

 

また、FP(ファイナンシャル・プランナー)には、大きく分けて3つの資格があります。

 

国家資格として認められているのは、ファイナンシャル・プランニング技能士という資格で、1級から3級まで分かれています。

 

そのほか、民間の資格として、AFP、CFPという2つの資格があります。

 

一般的には国家資格のほうが重要視されると考えられがちですが、この3つのなかではCFPについて重きを置くという考え方もできます。

 

それは世界23ヶ国で導入されている資格だからです。

 

 

 

マイホームを購入したら火災保険に加入しよう

初めて一戸建て等を購入して、あとはローンを返すため一所懸命働くのみ(笑)と、気合いが入った方。

 

火災保険にはもう加入しましたか?

 

火災保険?ってなった方は要注意です!

 

せっかく手に入れたマイホームも災害にあってしまったらローンだけ残って家がないって事が起きてしまうこともあります。

 

自然災害の被害は、自分自身ではどうすることもできませんが、被害にあった時に一定の補償金がもらえる火災保険は、いざって時に安心です!

 

保険会社や商品によって補償される災害は異なりますが、自分の住んでいる地域のリスクに合わせて補償を選択することができるので、ある程度費用を抑えながら火災保険に加入することもできます。

 

火災保険の相場は、地域や建物構造によってバラつきがあるので、一度複数社から見積もりを作成してもらい比較するのが一番ベストです!

 

まだ火災保険に加入していない方は、なるべく早く検討したほうがいいでしょう。

傷害保険の概要

さて、これまで3つの種類について考慮してきました。

 

しかし、まだまだ種類があります。

 

次に取り上げるのは「傷害保険」に関する事です。

 

病気や怪我をしたときに、病院に行って検査をして、適切な処置を受けることになります。

 

しかし、実は保険の種類によって、扱われる内容が異なっているのです。

 

病気に関する事は「医療」、がんに関する事は「がん」というように、それぞれのタイプによって対象となっている事柄があるのです。

 

では「傷害」は何を対象としているのでしょうか。

 

それは怪我による損失を補償するためのものとなっています。

 

つまり「傷害」は病気を対象とはしていません。

 

このことはしっかりと理解しておく必要があります。

 

とはいっても、「傷害」に加入することにはさまざまなメリットがあります。

 

例えば保険に加入するためには、持病があるかどうか、これまでに大きな病気をしたことがあるのかなどさまざまな事柄を申告する必要があります。

 

しかし、「傷害」は病気を対象としていないため、申告に関しては簡単な事柄ですむのです。

 

ですから加入しやすいタイプのものであるということができるでしょう。

 

そして、一般的にも加入しやすい金額となっているので、怪我による損失を補償してくれるということを考えると、メリットが大きいといえます。

 

怪我による入院や通院、さらに他者に何らかの怪我を負わせてしまったときに生じる費用なども補償の対象となることもあるので、内容について詳細な事柄を確認して加入するようにしましょう。

 

保険相談を受けるFP(ファイナンシャル・プランナー)とは?新着記事

2015/02/01 22:05:01 |
人によっては、人生プランが変化することで、保険の保障を変えたくなることもあるはずです。そんな場合には、生命保険内容の見直しを実施する必要が出てきます。保険会社の営業の人と不用意にコンタクトをとると、断るのが難しくなるかもしれません。最初にウェブサイトで、医療保険会社の一括での資料請求をしてみたほうがいいと思います。医療保険の見直しの基本というのは、入院日額だと思います。数年前は5000円が通常の額だったものの、この頃では1日にして1万円以上が主流です。例えば、結婚など、生活スタイルに変化が訪れ、...
2013/09/19 22:56:19 |
最近、自信の周囲でも保険に加入する方が非常に増えてきております。私自身は某S社の生命保険に加入しておりますが、以前20代前半では珍しいと言われておりました。最近、20代後半に入ってから以降よく保険加入について話が出ます。既に加入済みの私にたまに相談が来るのですが私自身も保険レディーに勧められて加入したので内情はよく分かりません。ただ言えることはただ単に加入するのではなく、慎重に加入しないければ、結果他社に保険相談・再加入ということも多いようです。保険比較などのサイトを活用することで加入前に知識を...
2013/09/19 22:52:19 |
ファイナンシャルプランナーの資格を持っています。お金は大事なものなので、お金のプロになりたいと思いファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。今はファイナンシャルプランナーの資格を活かして、保険会社のFPの無料保険相談係をしています。勇気を出して勉強を始めたことで、新たな人生を歩み出せたので、勉強してよかったと思っています。ファイナンシャルプランナーの資格を取得できたので、転職したのですが、もし資格の勉強をしようと思っていなければ転職なんて思いもしていませんでした。昔の自分では今の自分が全く...
2013/05/24 21:36:24 |
会社1つ1つの自動車保険の見積もりの数字を比較検討してから、具体的な内容を把握して、付加価値まで分かった上で様々なデータから、最善な保険をゲットするようにしましょう。現在ではウェブを通じて、すんなり比較が可能なので、自動車保険に関する見直しを頭におきながら、たくさんのウェブページをチェックして、比較していくことをおすすめするべきだと考えます。自動車保険における無料一括見積りをやってみると、様々な業者の見積りが得られます。その上で値段をチェックしながら、掲示板や評判も念頭に比較に挑戦しようと思う次...
2012/12/11 23:18:11 |
FPは最近テレビで頻繁に見ます。時勢を反映してか家計相談のコーナーや節約を取り上げた番組が多くなりました。家計簿を基にどの項目を減らすべきか指導をしたり、固定費にまで言及をして必要な保険相談にも乗っています。生命保険や自動車保険の見直しをする事が固定費の削減にもつながるので、FPに保険相談を持ちかける人もたくさんいます。 私も家計を上手く引き締めたいので大まかですが家計簿をつけていた事があります。最近はレシートのチェックに留まっていますが、家計のやりくりの為にFPの資格にはとても興味を持っていま...
2012/12/10 22:15:10 |
FPの保険相談を受けてきました。1時間5000円の相談料でしたが、結果から言えば大変満足しました。自分は生命保険料を安くすることばかり考えていましたが、自分の考え方は視野が狭すぎることを痛感しました。担当のFPに聞かれたことが、何のために生命保険に加入しているのか、ということです。一番初めの質問がこの内容だったので面喰ってしまいました。自分は生命保険に加入する目的は、万が一の保障だと考えていたので、思ったままに回答しましたが、その次に、担当FPから、その万が一の保障はどれくらいあれば足りると考え...